糖質制限に向いてる人とは。8kgダイエットビフォアフ写真もあるよ。

空は青い。海は広い。糖質はうまい。

天地万物、森羅万象、糖質最高!!!!

冒頭からちょっと何言ってるかわからないですが、とにかく糖質はうまいです。そんな、糖質から生まれたような私が(生まれてない)、今年、半年で8kgものダイエットに成功しました。菓子パンと焼き菓子から生まれたような私が(生まれてない)どうして糖質制限を続けられたのか。そのすべてをまとめようとしたらまたもやとんでもない長さになったので、今回は「糖質制限で結果が出やすい人」を発表します。捨て身のビフォーアフター腹写真も置いてありますのでどうぞゆっくり見て行ってください。
「私って糖質制限に向いてる?」が、なんとなくわかってくる、そんな記事です。

スポンサーリンク

はじめに

この記事は 今年やったこと Advent Calendar 2017 に参加しています。11日目担当、Webデザイナーのりさです。よろしくお願いします。

今年やったこと、それは人生ではじめて、8kgものダイエットに成功!!です。
「糖質制限」と、「腹筋ローラーを主とした自宅トレーニング」の組み合わせによるダイエットで痩せました。期間は今年4月から10月の半年。その後もゆるく続けていて、リバウンドはしていません。

腹筋ローラーについて熱く語った記事はこちら。(この記事の下にもリンクを貼りましたので、ぜひ、のぞいてみてください。)
腹筋ローラーの効果を検証。8kg痩せた腹肉ビフォーアフターをとにかく見てほしい。

糖質制限は炭水化物を極力とらないようにする、糖質量を計算するダイエット法。
私にとっては「結果が出た=いいダイエット」ですが、合う人も合わない人もいますし、賛否両論もあります。

パンやスイーツの代替品(糖質カット品)はたくさんあるのですが、お米はそういうものがありません。なので、パンやスイーツが好きな人はなんとかなるけれど、お米が大好きな人ははじめにちょっと頑張りが必要です。
私は完全にパン派なので、このブログでは「炭水化物の我慢は、糖質カットのパンを食べて乗り切ろう」という向きです。ご了承ください。

最近は、嬉しいことに多方面の方からダイエットのことをよく聞かれるようになり、「使ってるものなんかの情報も積極的に掲載して欲しい」とリクエストもいただいているので、そのあたりもどんどん紹介していこうと思います。

……って書いてるうちに伝えたいことが溢れすぎて、とても長くなったので、今回は主に「私って糖質制限に向いてる?」を解決します。読み終わった頃には、自分が向いてるかなんとなくわかるだけでなく、いつのまにか気持ちの準備が整っている、そんな記事になっています。仕事だって「段取り八分」と言いますしね!
次回は【実践編(やり方、レシピなど)】を予定しています。

ネットの情報の寄せ集めではなく、実際にやってみて、結果を出した人にしか書けないこと、私にしか書けないことを優先して書いていきますので、どちらもぜひチェックしてください。
(最新更新情報はツイッターで @rrisa_wp

やるからには、成功して欲しい。そんな思いを込めて。

-8kgビフォーアフター写真

ひっぱるのもアレなので、先に出しておきますね。

4月に撮った腹です。

ドーン

とんでもねぇな!!!
腹もさることならがらやじるしのとこも、密かにこっそりとんでもねぇな(怯)
おまけにへそないしなにこれこわい。(すみません、へそだけ隠しました)

そしてアフター。この記事用に先週撮りました。

バーン

どうでしょうか。へへ。すっきりしましたでしょう。
これが-8kg。あの腹から、これ。「私は結果を出しました!!」と語ってもいいでしょうか。頑張れば、半年でここまで変われるのです(涙)
(ちなみに腹筋ローラー記事の方にもビフォーアフター写真の別バージョンがあります。)

ダイエット前の腹では絶対に絶対にできなかった「トップスイン」の夢を果たしました。
というか今までずーーーーっと「小デブ」人生だったので、こんなスカートを履いたことなかったのです。今回痩せて、はじめて挑戦してみました。ずっと憧れてたこういうシュっとしたの。感無量です。

ちなみにこのかわいいスカートはDHOLICのもの。



商品名『ベルトSETハウンドトゥースフレアスカート』
※このスカートこう見えて以外とウエストサイズがでかいので必ずサイズを確認してくださいね!

糖質制限、やってみようかな!って気になって来ましたか?その調子です。
ではさっそく、すこしずつ、『成功準備』をしていきましょう。

糖質制限で結果が出やすい人

ここからはちょっときびしいことを言うかもしれません。
糖質制限で結果が出やすい人の条件を4つも上げていくのです……。4つすべてにあてはまる人はもしかしたらこの世に5人ぐらいしかいないかもしれません。そのぐらい、特別な人の発表です。自分にはあてはまらない……と、もしがっかりさせてしまったらごめんなさい。
嘘いつわりなく真剣に書くので、どうかついてきてください。ひとつずつ発表します。該当する人はぜひ脳内で盛大に、商店街の福引が当たった時のベルの音を鳴らしてください。選ばれし者です。
それではいきましょう……

糖質制限で結果が出やすい人その1
今現在糖質をとりまくっている、標準体重以上の人

あなたです!!!!!(失礼)

ご飯大好き!オールシーズンパン祭り!夜中のラーメンは至極!!
そんなあなたはラッキーガール!(&ボーイ!)おめでとうございます。めっちゃ結果出やすいです。

元々米もパンも食べない野菜中心の食生活の人が糖質制限をしてもさほど変化はありません。あたりまえですが。余分な脂肪が少ない人もです。

「標準体重」を何kgとするか、計算の仕方は様々あり、まぁどれでもいいよ、だいたいで、って感じなのですが、「そんなんじゃわからない><」という方へ向けて、ここでは日本肥満学会の基準である『BMI22』としましょうか。

標準体重(理想体重)はもっとも疾病の少ない BMI 22を基準として,標準体重(kg)=身長(m)2 × 22 で計算された値とする。
引用 日本肥満学会 肥満度分類 WHO基準 PDF

計算法は、身長m×身長m×22

身長157cmの場合、1.57×1.57×22=54.2
54.2kgが標準体重となります。

これ以上体重がある人(脂肪で太っている人)は「糖質制限で劇的変身をとげる才能を秘めている」といえます。恵まれています。その脂肪のかたまりは可能性のかたまりでもあります。disってないです。その才能、今こそ開花させましょう。

標準体重以下の人が「理想の身体作り」を目指すにあたっては、あまり効果的な方法とは言えないので、糖質とって筋トレしましょう。たとえばそうですね、腹筋ローラーとか。(サブリミナル効果)

糖質制限で結果が出やすい人その2
近所にローソンがある人

自宅、会社、学校などの近く、もしくは移動途中さっと寄れるような場所にローソンがある人。

おめでとうございます。あなたは「糖質制限に選ばれし者」といっても過言ではありません。え、なんですって、ひとつめもクリアしているのですか?!なんてことでしょう。類まれなる才能と強運の持ち主です。
糖質制限を愛し、糖質制限に愛されたあなた。すべての糖質の生みの親、そんなあなたならもう勝ったも同然。

ジーザス!!!!(うろおぼえ)

いや、ほんと。冗談で言ってるのではないです。
これから糖質制限をする人はかならず覚えておいてください。困った時のローソン。困らなくてもローソン。とにかくローソンに行ってりゃ間違いない。

ローソンがない人は…シャトレーゼはどうでしょうか。ない?
そうですか。大丈夫。そこは「手間」でカバーしていきましょう。詳しくは後述します。

糖質制限で結果が出やすい人その3
「手間」か「お金」を糖質制限経費とできる人

糖質制限ダイエットは、今までの食生活とはガラっと変わります。特に炭水化物でお腹を満たしていた人にとっては、スーパーで買うものの種類が増えたり、「低糖質商品」は少し割高だったりして、「お金がかかるな…」と感じると思います。

ですがこれはもう仕方ない!!「変化する」ための必要経費としてはじめから割り切っておきましょう!そもそも低糖質商品がこんなに増え、どこでも気軽に買えるようになったのはほんのここ数年。「ちょっと割高」ぐらいで置き換え品が手に入る今の状態は、昔に比べたら遥かに恵まれています。ライ〇〇プに通うことを考えたら激安やーん?ぐらいの心意気でいきましょう。

いくら置き換え品が豊富にあるとはいえ、好きな食べ物をがまんすることは当然ありますから、多少のストレスと戦うことは避けられません。その時に「糖質制限がお金かかるなんて聞いてなかった……我慢ばかりだし食費上がったし……泣きたい」という気持ちになるか、最初から経費の心づもりをしておいて「外食2回やめて糖質制限費にまわしたから、低糖質おやつが買えるウェ~イ」と思うかは、大違いなのです。

3km走ると聞かされていたのに当日いきなり5kmだと言われるのと、10kmと聞いていたのが5kmになるのとでは、同じ5kmを走るのでも、性質がまっっったく異なることは想像にかたくないと思います。完走率も違うことでしょう。

糖質制限もそうです。はじめから、「お金」か「手間(自炊)」をかけるもの、と思っておきましょう。市販品に頼らず自炊する、糖質制限弁当も自分で作る、など節約する方法はあります。
お金かけるのも料理するのもいやな人は、糖質制限じゃない方法がよいかもしれません。

糖質制限で結果が出やすい人その4
新しい知識を得ることを楽しめる人

気になったことはすぐggるタイプ、新しいゲームのルールを覚えることを楽しめるタイプ、大人になって語学や、なにか勉強を始めた経験がある、そういう人。

最後の難関です。ここちょっとハードル高いですかね。
これまでの条件4つ、すべてを満たせる人はそうそういないとは思います。……え?まさか……あなたは満たしているのですか?嘘でしょ、信じられない。稀代の天才、神の子ではないでしょうか。

これらのきびしい条件すべてをクリアした特別な存在のあなたは、ぜひ、今すぐありのままの姿のビフォー写真を撮っておいてください。結果が出せる可能性がとてもとても高い。痩せて、アフターの写真と並べて、今度はあなたが誰かの背中を押す立場になる。そんな未来が、見えませんか。

「『知る』を面倒くさがらない」というのはとても大事なポイントです。

糖質制限って?食べていいものは?だめなものは?どこで買える?どれぐらい食べていい?自分の今の体調は?便秘してない?肌の調子は?水分ちゃんととれてる?

今まで当たり前だと思ってやって来た食生活のルールとはずいぶん違うので、『知る』を避けては通れません。食事制限とはデリケートなものです。必要なものをとらずに間違えたやり方で続けると、思わぬ不調へ繋がるかもしれません。

今までに糖質制限が続かなかった経験がある人、その時、自分でちゃんと『知る』を意識していましたか?なんだかよくわからないまま、ふんわりしたまま行き当たりばったりでやっていませんでしたか?
「なんとなく」からまずはしっかり、「あたらしいゲームをするんだからルールはちゃんと覚えないとな」という考えにシフトして、楽しんでいきましょう。
情報収集しながら、自分の身体の様子を確認しながら、進んで行く。
『知る』を楽しむことができたなら、今度はきっと、ちがう結果が出ますよ。

成功させるコツ(準備編)

ここまで来た選ばれし神の子は、この世に5人ぐらいだと思います。5人に向かって引き続き真剣に書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。

成功者を見る

ただ見るだけ、それだけです。

成功した人をたくさん知る、見る、それだけで「このまま続けても結果出るのか…?」という漠然とした不安が減ります。つらくなった時「あの人もこういう時を乗り越えて、成功したのだ」と思える。これは心の支えになります。

私の場合身近にいたので本当に、心の支えになり、自分がやってることは間違ってないって信じて進めました。

身近にいない人は、インスタグラムです。
インスタグラムには、体重・体型を公開してダイエットや身体作りにはげんでいる人がたくさんいます。
主婦みんまるさん
MariIryuさん
miuさん
hitomiiin
ビフォーアフター写真に #糖質制限 タグをつけている方だけピックアップしてみました。
ですが、こういう方たちは筋トレも取り入れています。ぜひ #筋トレ女子 #腹筋女子 などのタグもたどってみてください。とっても刺激になりますよ。

成功者の知恵を借りる

これは本当に、めちゃくちゃありがたかった!効率良く楽しくできたのは色々教えてもらったおかげです。
なにせ糖質制限は、今までの食生活のルールとは違うものなので、これまで耳にしたことがないアイテムが、糖質制限界隈では「誰もが知る定番品」だったりします。そしてそんな定番品には、必ず人気の理由があります。

糖質制限の手助けになるアイテムを必要とする人の中には、「糖尿病により血糖値をはかっている人」も多く、ダイエットサプリ系などの「なんとなく効く気がする」なんてふわっとしたものでなく、きちんと数値として効果が確認されているものが多いです。

なんでもそうですが、成功してる人のやり方を真似ると楽。選んでるものを真似すると楽。
私も、前述した友だちのやり方を、たくさんたくさん真似ました。

信頼してる人なので、「あれがいいよ」と言われたらすぐ買いに行く。「これ飲んでたよ」と言われたら、言い終わる前にポチってる。
結果を出した人は情報もたくさん持っているので、その知恵を拝借できるならこんなありがたいことはないのですよね。自分でggってあれこれ比較して情報の真偽を確かめて、価格を調べて、買おうかどうか悩んで、本当に効果があるのか不安を抱えて、とかしてる時間をごっそりはぶけるのだからすごいです。それらをすでにやった人から、最終的に選んでいるものだけを聞く「いいとこどり」は積極的にとりいれましょう。ただ、「信頼できる人」というところが大事ですね。真偽の怪しい情報にまどわされないように、結果を出している人の声を聴きましょう。

手助けになるアイテムを取り入れる

私が、そんな成功者の友だちから最初におしえてもらったのがこれ。

今回の「とりあえずこれ買っておけ」は難消化性デキストリンです。

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは、熟した果物などに含まれている水溶性食物繊維の一種であり、食後の血糖値の急激な上昇の抑制が報告されている。(中略)
効果 食物コレステロールの吸収抑制。
wikipedia

これ、糖質制限をする人のあいだではもう定番中の定番のお品。
なんたって、

糖の吸収を遅らせ、血糖値の上昇をおさえる
内臓脂肪の蓄積を低減する
整腸作用

などなど。
糖質制限に限らずダイエットをする人なら飲んでおかない理由がないくらいの定番品です。食物繊維なので、便秘がちな女性にもありがたい。
高いものでもないので(700円くらい)、とにかくまずはこれは買って、届いたらすぐに飲み始めましょう。最初めっちゃお通じよくなるよ!(だんだん身体が慣れるけど)

「糖の吸収を抑える」ってCMとかでよく聞きますよね。「特定保健用食品」いわゆる『トクホ』と呼ばれる飲料。普通のやつより高いですよね。素人にはわからないけどなんかものすごい技術だから高いんだろうな、とか思ってたのですけれど、実はこの難消化性デキストリンが含まれているだけ、という場合も多いのです。(成分表を見てみてください)
トクホ飲料を買うのをやめて、デキストリンの粉を買いましょう。コスパが良いです。

スープやお料理に入れても味をじゃましませんし、妙なトロミとかもつかないです。
本当に入れたかどうかわからないぐらい存在感がないのに、効果はちゃんとしてるやつ。それがデキストリン。迷う理由がない。名前からしてつよそうだし、味方になってもらいましょう。

次。
「知ってると思うけどこれも必要になると思うよ」はこれ、シュガーカットゼロ。

これも必須と言っていいです。
糖質カットおやつにも使うし、煮物や普段のお料理にも使えます。お砂糖をやめてこちらに置きかえるだけ。(分量よく見てくださいね!)
甘いものが食べたくなったら、甘めのソイラテを飲んでお腹を落ち着かせる、という使い方もよくしています。

ラカントもどちらも使ってみたのですが、お菓子作り勢にとってラカントはちょっと使いにくい(味にクセがある、熱で甘みが飛びやすい、冷やすと再結晶化するなど)ので私はシュガーカットに落ち着きました。こちらは加熱しても甘みが飛ばないし、溶けやすくザラザラ感も残らない。お菓子やらなんやら色々作る人にはシュガーカットをすすめています。

自然派志向的な人にはラカントの方をすすめています。

ひとまずデキストリンを飲む。
砂糖を置き換える。

いつのまにか、するっと糖質カットが始まってる、良い感じじゃないですか。

ほんとはもっともっとたくさん、愛用アイテムがあるのですが、ちょっと長くなってしまったので今日はこの辺にしましょうか。
またレシピと同じ時にたくさんご紹介したいと思います。

糖質制限駆け込み二大店舗

後述しますって言ったシャトレーゼのことだけお伝えしておかねば!!
糖質制限勢のあいだで「糖質制限商品に力を入れてくれてるお店」といえば、ローソンとシャトレーゼです。これもぜひ、覚えていてください。
ローソンは、「パっと入って、パっと食べられるもの」を買うのに便利。シャトレーゼはすべて冷凍販売品なので、パンやピザなどまとめ買いしておいて、必要な時に食べられて便利。

シリーズラインナップはこんな感じ。
シャトレーゼ 糖質カットスイーツ・パン
糖質70%以上カットのショートケーキとかあるんですよ。すごい><

私のおすすめは、『糖質84%カットのテーブルパン 6個入』648円。

糖質量は2.7gでローソンのブランパンと同じくらいですが、ローソンのよりちゃんと小麦の味がして遥かに美味しいです。お値段は高いけれど…。

お近くにあれば、ぜひ、見に行ってみてください。
シャトレーゼ 店舗案内
ただ、シャトレーゼの店舗内は、焼き菓子のいい香りが尋常じゃないので大変危険です。
無傷で(糖質制限以外のおやつを買わずに)出てこられるかどうか……健闘を祈るしかない。どうか強い心で、生還してください。

お近くにない方、無事でいられる自信がない方は、通販もあります。「手間でカバー」と言ったのはこれです。近くになくても、通販っていう手間で、低糖質代替え品を試せるよ。
オンラインショップ限定の、こんな詰め合わせセットがあるなんて。便利だ。(今回調べてはじめて知った……)

シャトレーゼ オンラインショップ
【通販限定】糖質カットお試しセット Aセット 3,600円

送料がいくらなのかが見つけられなかったのですが…すみません。冷凍品なので別途かかると思います。

しめましょう

糖質制限、するもよし、しないもよし。
なんとなく少しだけ、炭水化物を控えてみるもよし。
ドカ食いしてしまう甘いものを、糖質カットスイーツに置き換えてみるもよし。
糖質とか特に気にしたことないけど、糖質カットスイーツ、ちょと食べてみたい、もよし。

なんだかとっても気軽に取り入れられる気持ちに、なりませんか。

読み終わったあなたは、『知る』ことへのハードルが下がり、きっといつのまにか、成功準備ができているはずです。

条件にあてはまった方、やってみよう!ってなった方、私も続けているので、情報交換しましょう。

次回は【実践編】を予定しています。より具体的な実践法、食材、レシピをご紹介しますので、ぜひ読みに来てくださいね。
よろしく!

ではまた!

よく語るTwitter: @rrisa_wp

スポンサーリンク