腹筋ローラーの効果を検証。8kg痩せた腹肉ビフォーアフターをとにかく見てほしい。

運動苦手、根性なし、甘いもの大好き、食欲の化身、完全無欠の万年ダイエッター!!(だんだん強く)

おまけに若くない。基礎代謝も落ちてる。詰んだ。……かと思われた私が今年、半年で8kgものダイットに成功しました。なにをどうやったのか、そのすべてをひとつの記事にまとめようとしたら腹筋ローラーが出てくるまでに4000文字、というわけのわからないことになってしまったので、まずは腹筋ローラーを褒めたたたえるだけの記事を書きます。捨て身のビフォーアフター腹肉写真を見て行ってください。
え~今さら~?痩せられるのか~?と半分諦めてる『若くない女子たち』に捧ぐ。
いいか、私のあとに続け!!!!!

スポンサーリンク

はじめに

甘いものは好きですか。そうですか。私も好きです。ド好きです。
甘いものは癒しですよね。甘いものがないと生きていけない。

運動は嫌いですか。わかります。私も嫌いです。運動の方もたぶん私のことが嫌いだろうな~と思います。
なんだそのどんくさい動き、ってさぞ顔をしかめていることでしょうし、こちらこそ、嫌いを確信したのは実に小学生の頃ですから、芸歴でいうともうベテランなわけです。なめないでほしい。

甘いものが好き。
でも運動は嫌い。
そんな私が今回挑戦して、結果を出したダイエットの二本柱が、こちら。

糖質制限
腹筋ローラー

え!
ですよね。5年前の自分に言っても、信じないと思います。
できるんです。やれたんです。考え方やコツ次第で。

甘いもの好きが糖質制限を続けるコツ、運動嫌いが腹筋ローラーを続けるコツ、ほかにもちょこちょこといろんなことを試しましたし、やる気になる考え方やつらい時の乗り越え方など、語りたいことは溢れんばかりにあるのですが、それはまたの機会に分けるとして、今回はとにかく腹筋ローラーをたたえることに集中します。

「ちょ、私もやってみよ!」という刺激になるように。そして、気が緩んできた時にまた何度でも読み返したくなるような、そんな保存版を目指して、本気で書きます。長いですがついてきてください。

絶対にーーーーー!!!
痩せられるーーーーー!!!

ダイエットのきっかけ

今回ダイエットを決意したきっかけとして、シンプルに腹が出ている、という点がありました。

「おや?腹が、異様に、出ている」(声が遅れて聞こえる感じで)

おかしい。

体重計にはもうずいぶん乗ってなかったので、現実からうまく逃げのびていたはずなのですが、腹だけがどうにも。こうにも。主張して来る。
「太る」という変化は「傷つく」みたいなのと違って例え話しではなくただそのままに「太る」という物理なので、否が応でも視覚で認識できてしまうのですね so 腹とか。腹とか。

それでもなお負けじと強い心で、「なんとなく、まだいける」と現実逃避を続け、着々と太り続けること1年。今なら「強い心」を発揮する方向性が完全におかしいことがわかるのですが、あの時はとにかく数字を突きつけられるのが恐ろしくて仕方なかった。ただ体重計に乗る、それだけの作業の先にあるものに向き合う勇気がなかった。

そんな今年4月のある日、酔いの勢いに任せて、ついに体重計に乗ってみた私。
そこにあったのは、妊婦の時にしか見たことがない数字。

意識が遠のくのを感じた。

ビフォーアフター写真

出しておきます。早めに。ひっぱるのもあれなので。

4月と10月に撮影した、ビフォーアフターです。

ドーン

※腹筋ローラーをメインとした自宅トレーニングと、糖質制限をメインとした食事制限を組み合わせて行ったダイエットの成果です。腹筋ローラーのみではありません。

インターネットで発信する立場なら、顔を出した方がいいのか、どうなのか、みたいな議論は多々してきましたけれど、まさか自分が、顔を出す前に腹を出すことになるなんて、思ってもみませんでしたね。人生なにがあるかわからないものです。

ビフォー写真はお腹がわかるようにちょっとショートパンツを下げてしまったので実は少し多めに痩せて見えます……すみません、その点お許しください。(写真を並べてから気付いた)

バーン

どうですか。
いや、星のスタンプがあほっぽいことではなくて。そう、腹筋です腹筋、すっきりしたでしょう。ええ。

ちなみにこれらの写真、ダイエットの話題になるとよく友だちに見せるのですが、出産経験のない女性からは「え!お腹…こんなにあったなんて信じられない!!これは恥ずかしいからあまり人に見せないほうがいい><」というリアクションが返って来て、出産経験のある女性からは

「ビフォーもたいしたことないな」

と突き返される、というなかなか味わい深い現象を経験しました。 ほんとね、それほど、腹ひっこめるの、みんな苦労してるんだわ。

おすすめの腹筋ローラー

私が使っているのはこれ。

これを買いましょう。一択です。
比較とかない。ほかにもこっちはどうでしょうみたいな提案もない。
とにかく間違いないので、これでいいです。

正直、私今年、オフラインな口コミでこの腹筋ローラーを20個以上売りました。
アフィリエイトもなく一銭も入らずとも、自分で結果が出せたものなので、自信を持ってすすめまくっています。お値段も安いので、ビフォアフ写真を見せたほとんどの人がその場で購入するほど。

今回は(せっかくなので)アフィリエイトリンクを入れてる立場でこんなに堂々と言うのもなんですが、とにかくこれを買うといいです。

これしか使ったことがないので、他のやつと比べてどうなの?と言われるとわからないのですが、私の知人の体重100kgの男性が同じものを使っている。という理由から、耐久性に問題がないことが確認できているこれをおすすめしています。(ちなみにその知人も痩せて現在80kg切ってます)
耐久性がどうかよくわからない腹筋ローラーとか、こわくてすすめられないですからね。
突然こわれたら顔ぶつけるよ。

なぜ腹筋ローラーだったのか

話しが前後しますが、今回のダイエットに腹筋ローラーを選んだ理由を語らせてください。「なにを(問題点)」、「どうする(目標)」、「どうやって(方法)」それぞれをはっきりさせることで、しっかりモチベーション保っていきましょう。

なにを?

って何度も言わせないでぇぇ腹だよぉぉ腹ぁぁぁ。
私の場合、すでにご確認いただいた通り存在感のある腹でしたので、どう考えてもこれが問題点です本当にありがとうございました。

どうする?

さぁどうしましょう。まずはイメトレなんかどうでしょう。
実によろしい。イメージ、大事。

まず、腹が出ている女性にとっての永遠の憧れ(?)「トップスイン」を検索。

参考 : WEAR「トップスイン」レディースコーディネート

他にもワンピースにベルトがついていたり、トップスにウエストリボンがついていたり、今年はウエストマークの着方が流行っていますよね。

「かわいい!今までできなかったけど、やりたい!私もこれ、やる!!」と決意しました。

目標爆誕です。

どうやって?

次。方法。

あの着方は、腹だけじゃなくウエストも大事だぞ。よし!
「くびれ」でggる。

くびれ画像検索結果

出て来る出て来る美しいくびれ。うひょ~。しゅごい~。こんなんなりてい~。

そんな感じで、テコでも動かずイメトレのみに励んでいたある日、運命の分かれ道になる、うしじまいい肉さんのツイートを目撃するのです。

12/03 うしじまいい肉さんのツイッターアカウントが凍結されてしまいました。以下埋め込んでいたツイートも表示されなくなっています。解除になり次第表示されますので、リンクはこのままにしておきます。

https://twitter.com/PredatorRat/status/808560114407915520

「ウエストを60に戻した あと3センチで元通りになる 楽勝 腹筋ローラー最強説ある」

?!?!

https://twitter.com/PredatorRat/status/869177284019724288

「1ヶ月で60キロから53キロまで落としました。1食をプロテインとこんにゃく粉を3gと野菜ジュースか成分無調整の豆乳を飲んで1日40分のステッパーと膝付き腹筋ローラーを100回を毎日やりました。ご参考までに!」

?!?!?!

うひょ~~~~~~~~!

うしじまさんといえばくびれ!!くびれといえばうしじまさん!!
あの美しい腹とくびれが腹筋ローラーでできていたなんて!!

もうね、買わない理由がありません。
ワンボックス車の上で叫びたいです。

わたくしはぁぁ!!!

「この腹」をひっこめて!!!

「トップスイン」するために!!!

「腹筋ローラー」を頑張ります!!!

明確にプランが見えました。
今までのうまくいかなかったダイエットとの違いのひとつにこれがあると思います。
「〇kg痩せたい」では漠然としていて、体重計をにらみつけるばかりであまり「目標」にはなっていなかったのかもしれません。

腹筋ローラーのやり方

最初は大変です!
最初が一番大変です!

最初の大変なところを乗り越えたら、あとはもっともっと少ない気力でこなせるようになるので、「こんなに大変なのは最初だけ!」と唱えながら、信じてチャレンジしてみてください。

腹筋ローラーのコツ・基本

・膝をつくタイプの「膝コロ」をする
(立ってする立ちコロはガチ勢向けなので膝をついてやりましょう)
・腕の力ではなく、腹筋を使うことを意識
(最初はよくわからないと思いますが、意識するだけでも違います)
・背中をそらさない
(そらすと腰を痛めます。はじめは丸めるぐらいの意識でいいです)
・手首もそらさない
(クルっと丸めぎみの方が戻って来るときに楽です)
・呼吸を止めない

最初は

・戻ってこれるところまで、行く
・前へ行き過ぎてしまう人はクッションやタオルや壁をストッパーにする
・できる回数でOK

辺りを取り入れてみてください。

あ、私が参考にしたやり方に近い、わかりやすい動画を見つけました。

腹筋ローラーの使い方!初心者編

回数

最初にちょっと根性出して挑戦してみると、わりとすぐ筋肉痛になります。
次に筋肉痛の状態でやってみると、「なるほど!!ここに効いてる!!」というのが明確にわかります。

私は、初めのころは10回。できるようになったら連続20回をワンセットにして、合計40回。(20回して、少し休憩→20回)

少しずつ増やして行って、一番ストイックにやっていたころは、

朝20回×2
夜20回×3
合計 1日100回

していました。だって、うしじまさんが100回って言ってたから!!
目指せうしじまくびれ!!を合言葉に、踏ん張りました。

一度に100回は無理ですよ!!小分けにして100回。
女性なら、まず50回くらいを目標にやっていくといいと思います。

毎日やるべきか

私は、うしじまさんが毎日と書いてたので毎日やりました。(もはや崇拝)

でも私が信頼する筋トレWeb屋さんの山根さん @sho_yamane に相談したところ、「毎日じゃなく、痛めた筋繊維を回復させる日を作った方がいい」というアドバイスをいただきました。この辺りは筋肉に詳しい人に従ったほうがいいと思います。

私は休み癖がついてやらなくなるのがこわかったので、やってしまいました。
そういう場合は、筋トレ自体を休むのではなく、他の部位を日替わりでやるといい、というアドバイスもいただいたので、みなさんはそうしてみてください。

腹筋ローラーがおすすめな理由

効果が見えるのが早い

ダイエットが続かない理由のひとつに、ゴールが見えない、終わりのないマラソンを続けているような気の遠さがあげられると思います。
その点、腹筋ローラーは効果を実感できるまでが早い。
私は二週間で、お腹に変化を感じました。
二週間で手応えを感じられるとしたら、やってみる価値はあります。

場所をとらない

レッグマジックとか、流行りましたよね。
でかい。とにかくでかい。
でかいダイエットグッズがやっかいなのは、「場所をとる」以上に、「挫折した事実をその存在感すべてで突きつけてくる」ことにあります。目に入るたび、結局続かなかった…という罪悪感にさいなまれる。存在がでかければでかいほど。

その点腹筋ローラーはかわいらしいもんです。
続かなかったとしても、「いいよいいよ、また気がむいたらやってよ」ぐらいの控えめさがあります。(主観)

安い

これも大事。
続くか続かないかわからないものに高いお金を出す前に、まずは試しに1500円で腹筋ローラー。

腹筋ローラーの欠点

実は欠点もあるのです。実際使ってみて気付いたのですが、それは

下腹の筋肉に効かない

ということ。

これは誤算でした。
腹筋ローラーは普通にやるとへそより上の上腹部しか筋肉痛にならない。oh…下腹をどうにかしたかったのに…。

しかしその周辺のトレーニングをしているのですから、下腹だけ頑固に1mmたりとも変化なし!なんてことは当然、ないです。ご安心ください。上腹部とともに下腹の脂肪もじりじりちゃんと減ります。
腹筋ローラーを続けることによって、「どうせならもっと他の部位も筋肉痛にしたい!」と貪欲になりますし、動くことへの抵抗感が薄れるので、下腹専用のエクササイズと組み合わせるといいです。(それもまた別の記事でご紹介しますね)

ほかに必要なもの

・メジャー
・全身鏡

なくてもできますが、あった方が張り合いができて、続きます。
これは腹筋ローラーダイエットに限ったことではないですね、ダイエットすべてに言えます。
私の場合、このふたつがなければたぶん続かなかったと思います。

数字に関しては、気にすることでやる気になる人、気にすることがストレスになる人がいると思うので自分に合う方法を選ぶとよいと思います。ちなみに私は1ヶ月に1回、メジャーでウエストと太ももを測っていました。毎日は面倒くさいし、「変化してない」ことを毎日毎日確認するのはモチベーションを下げると思ったからです。私は月1がちょうどよかった。

ただ、鏡に関しては、これ、必須です。

自然に立って、全身がうつる鏡。
本気でダイエットをするなら、買ってください。

ちなみに私のはこれ。

↑この鏡、この大きさで1万というお買い得さでおすすめなのですが、なんか微妙~~~~に(すごくすごく微妙~~~~に)細めにうつるような気がするのですよね……。それがいいのか悪いのか……うーん、人によるかもしれないです。(※個体差なのか、この商品全てがそうなのかはわかりません。)
私はダイエット開始時は「自分のデブさをちゃんと確認できない!」と不服に思っていましたが、腹筋ローラーを数日やっただけで「あれ?お腹へっこんだ?」みたいな気にさせてくれて頑張れたので、今では気に入っています。

これから買うとしたら、選ぶポイントは何よりも大きさ!かがんだり、角度を調節したりしなくていい、自然に全身がうつる鏡。そしてできれば下着を着替える場所に置けるものを選んでください。ファッションのコーディネートを見たいのではなく、目的は身体のチェックなわけですから、寒い冬に下着で玄関にわざわざ移動して、なんていうのは絶対にめんどうになります。断言。

私は今年ダイエットをするにあたってはじめてこんなに大きな鏡を買い、着替える場所に置き、そこからはっきりと意識の変化を感じています。

というか、今までの人生で、自分の身体をこんなに見たことなかった……ということに気付きました。

今までダイエットに成功しなかった一番の原因は、これなのではないかと思います。
全身を確認できないでダイエットとか……私はなにを眠たいことを言っていたんだろう……とすら思うほど。確認すること、本当に大事。大事というか、必須。

自分の現状も把握しないでダイエットなんて、現在なにがどれだけ売れているか情報をもらえないお店の売上を上げろ!と言われているようなもの。
アナリティクスも見せてもらえない、数字も渡されない状態で「サイトのPVを100万/月にして!」って言われているようなものです。

自分の状態を確認して、計測、解析していきましょう。

ヨガマットのようなものは「あればやりやすい」くらいです。
フローリングはよく滑るため負荷が多めにかかりますし、マンションの場合音がちょっと気になるかもしれません。
ですがまぁ、一度やってみて、必要であれば、でいいと思います。私は使っていません。

続けるコツ

インスタグラムを検索する

寝っ転がって今すぐできるので、ぜひこれから始めてみてください。
インスタグラムには、体重・体型を公開してダイエットや身体作りにはげんでいる人がたくさんいます。ビフォーアフター写真もたくさん。私も刺激をもらいました。

#腹筋女子
#ビフォアフ
#ビフォーアフター

辺りのタグから、いろいろ飛んでみてください。やる気をもらえますし、綺麗だな、憧れるな、という人の投稿を見ていると、「痩せる」じゃなく「身体を作る」という意識に変わって来ると思います。

ビフォー写真を撮る

おすすめです!!
勇気を出して腹が出た状態の写真を残しておきましょう。
恥ずかしいし、そこにあるのはものすごく目をそらしたい現実だと思います。でもダイエットを続ける中で、「この時よりはよくなってる」と気付かせてもらえますし、「もうこれに戻りたくない」という、いましめにもなります。 思い切って撮っておくことを全力でおすすめします。

私は、インスタグラムのダイエットアカウントを見ているうちに、撮ることへの抵抗感が薄れ、「せっかくだし記念に」くらいの軽いノリで撮りました。撮っておいてよかった!(そのためだけにユニクロで上下買った)

着たい服を買ってしまう

どれもこれも、一貫して「イメージを明確に」という話しなのですが、その手段としてとてもわかりやすいです。
私の場合サッシュベルトとスカートを買いました。サッシュベルトは最初、樽に巻いてるさらしみたいでひどいありさまでしたが、気付いたら違和感なく着用できるようになっていました。
とにかく、鏡にうつる自分の形から変化させる意識。なりたいに近づく意識。数字はその助けでしかありません。変化を楽しんでいきましょう。

うしじまさんのツイートを検索する

ツイッター検索 from:predatorrat 腹筋ローラー

腹筋ローラーのことを今までたくさんツイートされています。
気が緩んで太った、ということも隠さずツイートされているので、自分に重ねやすく、私も頑張ろう!と刺激になります。

わたしのことを思い出す

成果を出した私の後に続いて欲しい!踏ん張って欲しい!

先に出したビフォアフほどのインパクトはないですが、私がとても嬉しかった、ちょっと刺激になるかもしれない写真をご紹介しますね。

今年6月のWordCamp Kyoto 2017の時にまついさんが撮った写真。に、偶然写り込んだ私。
アイロンビーズが散らばったのをみんなで拾っている場面を、上から撮るために両手を上にあげてる、奥のあの人です。(デニムにサッシュベルトをしている奥のあれ)

念願だった、トップスイン、できてますよね?!かつて樽に巻いたさらしだったサッシュベルト、違和感なくできてますよね?!
あんなに腹が出ていた私が、できてる。グッバイ樽さらし。

撮られることを意識していない、ごくごく自然な姿。それが、家の鏡で確認している自分より、セルフイメージより、もっとシュっとしていたのでびっくりしました。
この写真を見た時に「ダイエット、頑張ってよかったあぁぁぁ。腹筋ローラー、頑張ってよかったあぁぁぁ!」って心の底から思いました。
まついさんありがとう~~~!(?)

あー腹筋ローラー…面倒くさいな…と思った時は、こんな私のことを思い出してください!!
あの腹から、ここまで来たよ!!腹筋ローラーとその他で!!(その他はまた別の記事で!!)

おわりに

ゼィハァ。
腹筋ローラーを全力で褒めたたえて来ました。

そうは言ってもむずかしいよ~!無理だよ~!
とかあると思いますが、コスパとしては最強の部類に入る、ということはぜひ覚えておいてください。

世間はそろそろ忘年会シーズンですね。
実はここ1ヶ月くらい気が緩んで、やったり、やらなかったり……。
このままだと年末年始で豪快にリバウンドしそうなので、私もこの記事を機会にまた再開しようと思います。

やらない理由を探すのはもうやめにしようぜ。なぁ、同志よ。

目標に向かって、ともに、頑張りましょう。

次は一週間後、12月11日に『糖質制限編』を公開する予定です。
糖質制限についても語りたいことが山盛りありますので、ぜひ読みに来てくださいね。
よろしく!

ではまた!

よく語るTwitter: @rrisa_wp

スポンサーリンク