WordPress初心者も大丈夫!はじめてのWordCampはここが楽しいよ

2017年9月16日(土)・17日(日)の二日間、東京でWordCamp Tokyo 2017が開催されます。

「私も参加しますので、参加するかたがいたらお会いしましょう」という旨ツイートしたところ、WordCampとは??初心者が行っても楽しめる??など、元々行く予定でなかったかたからも意外とご興味を持っていただけたので、3年(3回)参加してみた私なりの所感をお伝えしたいと思います。少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

はじめに

まず、私の立場を明確にしておきますね。
私はWordCamp Tokyoの実行委員ではありません。
いち参加者です。私が知っていることは公式サイトで発表されていることと同じですので、イベントに関するお問い合わせは公式へお願いします。
WordCamp Tokyo公式サイト

過去にも、WordPressに関するイベントやコミュニティ活動の運営に関わったことはありません。(※後述します)
いち参加者としての視点しか持っていないため、WordPressに関するイベントの方針や原則、運営への理解が足りない部分があるかもしれません。もし間違いや誤解を招く表現などがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。

WordCamp ってなに?

簡単に言うと 『WordPressを知る、つながる、楽しむ、WordPress公式のでっかいイベント』 ですかね。
いろーーーーんな人と情報や知識を共有し合って、WordPressをもっともっと良いものにしていこうぜイェー!みたいなことだと私は解釈しています。WordPressがもっともっと良いものになれば、負担が減ったり、困ったを解決したり、誰かと自分のハッピーに返ってきますからね。
初心者、熟練者、デザイナー、エンジニア、あらゆる層に向けた発信が行われますので、昨日始めた人も、大ベテランも、仕事で使っている人も、個人ブログで使っている人も、WordPressに関わりや興味を持つ人であればなにかしら自分に関連のある情報をキャッチできるのではないかと思います。

2017年の日本での開催は東京・京都のみのようですので、WordCamp Tokyoは 『日本一大きなWordPressのイベント』 となりますね。

きちんとした説明はこちらに書いてありましたのでぜひご一読を。

WordCamp とは?|WordCamp Tokyo公式サイト
WordCamp の内容|WordCamp 日本語公式サイト

そしてそして、読み飽きない今のうちに、大事なことをお伝えさせてください。

WordCamp は非営利のイベントです。

ここ、本当に大事なので必ず知っていてくださいね。
イベント運営に関わる全ての人がボランティアであり、イベント自体も金銭的利益を目的としない、と明記されています。チケット代が格安なのもこのためで、スポンサーや寄付のおかげで実現できているそうです。
ですから参加者は決して「お客さま気分」ではなく、多くの人にとって素晴らしいイベントになるよう、周囲への配慮と感謝を忘れず、イベントの一員として気持ちの良い振る舞いを心がけられたらと思います。おうちに帰るまでがWordCampだからね。押したりしちゃだめ、ゴミとか捨てちゃやだよ。

私の WordCamp 初参加

私がはじめてWordCampに参加したのは2年前。2015年のWordCamp Kansaiでした。WordPressを触り始めて4ヶ月やそこらでしたので完全なる初心者です。WordPressのこともWordCampのこともよくわかっていないのはもちろんのこと、Web業界に知り合いすらほぼいなかった私は、

「このままフラっとひとりで行っても、絶対に、誰とも話さないまま帰って来ることになる」

という確信がありました。セッションを聞くことだけを目的とするならそれでもかまわなかったのですが、せっかくなので交流が広がれば…という希望を持っていたため、思い切って当日スタッフに申し込みました。

ええっ!一般参加じゃなかったのかよ!スタッフとかハードル高くて参考にならんわ!!と思った人、待って、ちゃんと話すから聞いて!!

ちなみにですが、冒頭で「WordPressに関するイベントやコミュニティ活動の運営に関わったことはありません。」と言いましたが、正確には「ただし当日スタッフは経験あり」です。スタッフといっても(私の時は)当日行って指示されたことを作業単位でこなすのみでしたので、理解度という意味で運営する立場とは別としました。微妙だけどなんとなくふわっとご了承ください。

結論から言うと、当日スタッフで参加という選択は大正解でした。
行くだけでも勇気いるのにスタッフて…と思うかもしれませんが、私みたいな人見知ラー勢にこそ全力でおすすめしたい。役割があると手持ちぶさたにならないし、持ち場があると所在なくオドオドしなくていい。ね、いいでしょ。スタッフとして入ることで話ができる人がめっちゃ増えますしね。普通に参加者として行くだけだったら関わることもなかった人たちとつながれる。Tシャツまでもらえる!

けどごめん、もうひとつ言わなければいけないことが…

WordCamp Tokyoの当日スタッフ、もう締め切られてるねん…

言うの遅かったほんとごめん!!でもあれ!!
この手段が使えるのはなにも今年だけじゃないですからね。
来年も開催されるのであれば募集がかかると思うので、来年やってみてもいいんじゃない?
来年の参考にするぞっという心づもりで今年のスタッフさんのお仕事を見てみても、いいんじゃない?
ね、この情報、無駄じゃないよ!!

じゃあ今年はどうするよ。
ってとこですよね、心配いりません。私が考える、はじめてのWordCampはここが楽しい『5つのポイント』をお伝えします。

はじめての WordCamp はここが楽しい

1、グッズがかわいい

ボランティアとはいえ、デザインを担当するのは現場でゴリゴリ活躍中のデザイナーさんたちです。毎年クオリティーが高い。今回あるのかどうかわからないのであまりいい加減なことは言えないのですが、入場時にだいたい毎回わぷーのステッカーを貰えます。

わぷー

わぷー さん

例えば、今年6月に京都で開催されたWordCamp Kyoto2017では和テイストのオリジナルグッズが話題になりました。
WORDCAMP KYOTO 2017オリジナルグッズのご紹介

WordCamp Tokyoでも、なにかしらのグッズが貰えるイベント?ゲーム?が企画されるのではないかな、と予想しています。今年のグッズはどんなかな。詳細の発表を、いい子で待っていましょう。

2、界隈で有名な人と会える

WordPress界隈、Web界隈、デザイナー界隈、Twitter界隈…
Webでお顔写真を拝見したことがある!!とか、あの書籍の著者?!って人に会えたりします。登壇される場合もありますし、私たちと同じように一般参加者として来られている場合もあります。誰もがお世話になっているあのサイトを運営している人が実在して、普通に歩いてるんですよ!!すごくないですか!!
ちなみに私が最も取り乱したのはNxWorld のNaoyaさんと、Webクリエイターボックス のManaさんです。お話しさせてもらえるせっかくの機会なのに、日頃の感謝が溢れすぎて動揺してしまい、「いつもお世話になってます!!」しか話せない作りかけのAIみたいになってしまいました。右も左もわからないWebの世界で、私にたくさんの知識を授けてくれた先生たちです。優しく応じてくださったおふたりと、機会を与えてくれたWordCampに感謝せずにはいられません。おふたりが今回来られるかはわかりませんが、あなたにとっての先生も、もしかしたら来られるかもしれませんよ。スピーカー(登壇者)の発表はまだですね。これもいい子で待っていましょう。参加者は参加者一覧|公式サイトで公開されています。仲のいいフォロワーさんや、どこかで見たことのあるアイコンが見つかるかも。チェックしてみましょう。

3、スポンサーブースめぐり

他のWeb系のイベントでよく見る光景とこちらは大差ありませんが、サーバ選びやプランの詳細など、WordPressを前提とした詳しいお話しが聞けたりします。(グッズももらえるかも?)

4、なんといってもためになるセッション

当たり前ですが、セッションが勉強になります。
初心者の不安とは「自分が行って理解できるのだろうか」という部分が大きいかなと思います。これもタイムテーブルがまだ発表になっていないのでなんとも言えない所ではありますが、毎回なにかしら初心者向けのものがあります。初心者向けと明記されていないものでも、聞いてみると案外「キーワード」が拾えることがあります。これはどんな勉強会にも通じることですが、聞いた内容全てを自分のものにしなければ!と気負う必要はなく、キーワードを拾いに行く、ぐらいの気持ちでもいいかもしれません。今まで知らなかった、気になったキーワードを持ち帰って調べることが、次のステップへつながったりします。
もしタイムテーブルが発表になっても、「タイトルだけではわからない…」なんて時は私に聞いてみてくださっても。あぁこれは初心者でも楽しめそうですよ、という判断辺りだったら私でもお答えできるようなできないような気がしたりしなかったりします。

5、私と名刺交換、しない?

あ~よくわかんないわ~って人はもうこれ目的でいいんじゃね?

声かけてくれた人全員探し出す所存です。

これはわりと本気で、初心者が楽しむ一番のコツは「会いたい人と約束する」じゃないかな、と思います。
東京は他にも大きなイベントがたくさん開催されていると思いますが、この価格でこの規模というのはそうたくさんあるものではないですよね。SNSで交流のある人や、機会があればもう少しお話ししてみたかったあの人や。この価格ならお誘いしやすいという点もいかしてみてはいかがでしょう。年齢層も幅広く色んな人がワイワイしている雰囲気は、緊張感をきっとほぐしてくれますよ。

「WordPressあまりよくわからないのですが…りささんに会いにWordCamp行くって言ったら気持ち悪いですか…」とデザイナー女子にお声をかけていただきました。私が福士蒼汰であろうがなかろうがすかさず壁ドンで「嬉しいに決まってんだろ」と言いたくなりましたが、あいにく身長が157cmしかないので「すごく嬉しいです」と普通にお答えしました。

嬉しいに決まってんだろ!!!(声を大にして)

この日用の名刺を作って持って行くとか、なんとか…かんとか…せっかくなのでなにかしら一緒に楽しめることが出来たらいいな~とかちょっと考えています。あまり期待しないで待っていてください。

この機会にぜひ。
WordCamp Tokyoでお会いしましょう。

あ、最後になりましたがこれを機にブログを始めました。
ジワジワと書いて行こうと思います。

Twitterフォローしてねー @rrisa_wp

追加

実行委員長のツイートです。

「今年ははじめてさんでも参加しやすい企画をご用意してますのでお気軽にご参加くださいー」
やったー!楽しみですね!

スポンサーリンク